レッサーポンタのHAPPY節約育児な暮らし

ご覧いただきありがとうございます。
こちらは、子供3人(小学生・中学生)の
育児に奮闘中 自称節約主婦・ポンタの生活を記録したものです。
2016年7月をもって定期的な更新はストップしました。続きはレッサーポンタの節約ブログをご覧ください。

過去ログページ

『レッサーポンタのHAPPY節約育児な暮らし』をお読みくださりありがとうございます。
2016年7月をもって定期的な更新はストップしました。続きはレッサーポンタの節約ブログをご覧ください。

当サイトおよびレッサーポンタへのお問合せ・ご質問・ご要望などは、こちらのメールフォームよりご連絡下さいませ。
プロフィール
HN レッサーポンタ
1979年生まれ
職業 自称節約主婦
サイトURL:http://happysetsuyakuikuzi.seesaa.net/
30代自称節約主婦です。中学生1人・小学生2人の5人家族。3人の子育てをしながら、無駄を省いて、暮らしがHAPPYになりますように。

ポンタの詳しいプロフィールは、こちらをお読みください。
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
過去ログ
QRコード

2016年02月24日

バイバイ ジュニアシート

スポンサーリンク
 



マイカーを断捨離したのが去年6月

でもレンタカーや、カーシェアリングで車には乗る気でいたから
末っ子用ジュニアシートはとっておきました。


末っ子は当時6歳になったばかりでしたが
身長は110cmあるかないか、くらいだったので
まだシートベルトを普通にするのは無理でしたので・・・


しかし、
あれから車に乗ったのは2回だけ。


レンタカーは、少額ですがジュニアシートは別途料金で借りられるし
(トヨタレンタカーは540円、ニッポンレンタカーは1080円)

タイムズプラスのカーシェアリングの車にはジュニアシートはついているから
→カーシェアリングを利用してみたよ♪



もう自分の家に置いておく必要ないな
と思う瞬間
が来てしまいました。

(レンタカーの場合、
本当にたまにしか乗らないから
借りるのにお金を払ってでも、自宅に置き場をふさぐよりいいと思いました)


思えばこれは、

長男が2歳くらい、
長女がまもなく生まれるから
今まで使っていた赤ちゃん用チャイルドシートを妹に譲り
お兄ちゃんに新しいのを買ったワケです。





・・・は!

また10年前のだ!!


長男は今、小学6年、まもなく中学生。




こんなカンジの商品で
1歳から、11歳くらいまでながーく使えるモノ


彼が使い終わったあとにも
続いて妹、弟が使って
いつのまにか10年経ってた。

私は転勤族なので
家にたいしてはあまり思い入れはないのですが

代わりに、モノにたいして、あるものは徹底的にあるかも。


特に、
度重なる引っ越しを乗り切ったモノ
どんどん大きくなる子どもの成長を一緒に見守ったモノ
については。



今までありがとう。

私の子育てを手伝ってくれて、ありがとう。


家からどんどん、幼児用の品がなくなっていきます。

淋しいのぉ

私も歳とったな・・・



posted by レッサーポンタ at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 断捨離 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

子供にもらえる補助金は、子供にかかるお金へリサイクル

スポンサーリンク
 



「子供3人家庭」って、検索したら
年収600万円でも子供3人育てられますか?
という質問がヒットして、ひとりで爆笑しちゃった。


うち、
総収入で約年400万、手取りだと年300万で子供3人育ててます(笑)


うちって貧乏なのかもしれない・・・←今さら


220947.png


なので、補助金とかは、確実にもらいますよ。


今、(今年度)子育て中にもらえるお金は
児童手当
小学校の就学援助金
幼稚園の就園奨励費
でした。


児童手当は、たぶん皆さんご存知と思いますが
0歳から15歳までもらえるお金で

0歳〜3歳未満 月額 15,000円(一律)
3歳〜小学生 第1子・第2子 月額 10,000円
第3子以降 月額 15,000円
中学生 月額 10,000円(一律)

となっています。

子ども3人の我が家は、
第1・2子が10,000円
第3子は15,000円←中学生になる時、第1子が18歳以上となるので、中学の3年間は10,000円

今の法律が変わらなければ・・・ですが
児童手当は昔からあるので、ちょっとやそっとではなくならないと思います。


就学援助金は
→就学援助金って何?小学校にも補助金があるの?

幼稚園就園奨励費とは
俗に幼稚園の補助金と言われているもので(名称は異なるかもしれませんが)
生活保護世帯と市民税非課税世帯・市民税所得割非課税世帯は、かなり多くもらえますが
人数によって異なるので(幼稚園の子が何人いるのか?も)
子ども3人の場合で、市民税所得割が98,400円以下の場合←うちはココ
年115,200円もらえます。
(市のウェブサイトなどで調べられます)




子ども1人育てるのに1000万円かかる!
とか言われますが、一括払いじゃありません。

出産費用が払えれば、しばらくは月々の家計費でまかなえられて
(出産費用も、健康保険から出産育児一時金が出るし
そこからはみ出た分は出産祝いで穴埋めしてしまう方法もありますよ)

お金のかかりどき、というと
大きくは「大学の費用」と「高校までの、主に入るとき」に山場があると思います。

我が家では

大学にかかる費用→児童手当全額貯金


幼稚園から高校まで
(主に入園入学時にかかる費用)
補助金を回すことにしています。


うちは、学資保険には入りませんでした。
あまりメリットないかなと思ったから。

ただ、
当時は保険に入らない生き方は少数派で
いけないことをしているかもしれないという罪悪感があり
児童手当は当時5,000円だったから、自分で月10,000円をプラスして積み立てていました。
(幼稚園児がいないと、貯めるのは結構カンタンだった。
今じゃ児童手当に手をつけないのが精一杯ですけど)


最初の難関は、第1子が幼稚園に入園する時。

でも記録を振り返るとこの時のまとまった費用は自力で貯めたようです。
だって入園したら月3万円くらい出て行くワケですから、
入園前からそんな生活に慣れておかないとね。


無事に入園したら、
保育料は家計費から普通に払います。

そして幼稚園の補助金をもらったら、それはそのままとっておいて
第2子の入園費用になりました。


毎年、幼稚園の補助金をもらいますが、
どうでもいいことには使わずに、子どものことでまとまってかかるお金や
小学校に入る時のランドセルなどのまとまった費用に使いました。

あと、入園祝いと入学祝いも、使っていいことにしています。

上の2人が年長・年少でW幼稚園児になった時代は、さすがに給料だけで2人分の保育料は払えなくて、
月に1万、のちに月2万だけ
補助金を毎月のお金に回していいルールを作りました。

小学校に入ったら、就学援助金をもらいますが
(長男の1年生の時はもらい損ねましたが。。。)
それも基本的にとっておいて
第2子の入学の費用や、第1子の中学入学費用、第3子の小学校入学費用などに
お金をリサイクルしています。


中学にははじめて入るので、このやり方で足りるかどうかはわかりませんが
高校入学まで、うまいことお金のリサイクルができれば
そこまでお金の心配をしなくても子育てしていけるでしょう。


・・・だって、年収どれくらいあれば子ども3人育てられますか?って
産む前の段階の質問なワケでしょ?


私はね、育てる気があれば、子ども3人育てられます!!って答えます。


結局はやる気の問題!?

やる気がなきゃ、まずできないでしょ?





posted by レッサーポンタ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

幼稚園バス 最大のメリット

スポンサーリンク
 



我が家の末っ子が幼稚園に年長から途中入園し
まもなく卒園の時期を迎えました。

幼稚園バスを利用して通園しています。
→幼稚園バスは無駄なの?必要なの?

139029.jpg

バスの費用に関しては、賛否両論あると思います。
自分ちにとって、メリットが大きいか、デメリットが大きいか、よく考えた上で決めるといいと思います。


最近になって、
バス代と時間だけでは表せないメリットに気が付きました。


わざわざお友達を作らなくても、同じバスの子たちと遊んで友達になる!


幼稚園バスって、1便・2便・3便とかありますよね?

1台のバスが1回目に幼稚園を出て、いろいろな場所を回って子どもたちを送迎。これが1便。
2回目に回ってくるのが2便
3回目に回ってくるのが3便です。

1便は行きも帰りも早く、3便は行きも帰りも遅いです。

実はうちは3便。

朝は遅めにバスが来るので朝に幼稚園で遊ぶ時間は短いですが
帰りは、1便・2便の子を送っている間、3便の子同士で幼稚園で遊んでバスを待っています。
(1便だと帰りは早いですが、朝はたくさん遊べます)

しかも幼稚園バスは近所を回るので、
同じ小学校に行く予定の子同士が集められたりするので、幼稚園より先の人間関係にも有効ですよね。
(まぁウチは引っ越しますけど)


3年保育が圧倒的に多い幼稚園ですが
年長から入園しても、こんなにお友達が増えるとは!
予想を超えた結果にビックリです。

歩きだったら、帰りは幼稚園に迎えに行ったあと、各自で遊んでも良いのですが
遊ぶ相手は自分で見つけなければなりませんし
ママはその間、ずっと暇です。。。
しゃべる相手も自分で見つけないとなりません。

下の子でもいれば、それを見つつ、同じく下に子どもがいる人と意気投合、とかありえますけど
それをするには産み続けないと(苦笑)
末っ子の場合、幼稚園バスだと非常に気がラクでした。



・・・あくまでも、私の場合ですけどね。






posted by レッサーポンタ at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【節約】幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


▼更新の励みになります。1日1クリック応援お願いします。▼







検索
 
カテゴリ
このブログの人気記事ベスト8

    愛車を高く売って、マイカーを卒業しました。我が家のミニバンはいくらだった?



    カーシェアリングを賢く利用しよう。ポンタの入会レポート利用レポートはコチラ

    214445.jpg
    フリーマーケット節約術をメインブログにて書いています。興味のある方はご覧くださいませ。

    電動自転車が愛車です

    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。